冷え症の方へ☆夏の冷え対策

自由が丘のプライベートサロンmjuk(ミューク)の谷村です。

暑いですね…。真夏ですね…。一歩外へ出ると汗がじわ~と、どば~と出てきます。

汗をかくたびに私は「汗が出る身体で良かった~」と思うようにしています。

なぜなら、身体がちゃんと体温調整をするために機能している証だから!

暑い時は汗をかく!汗をかいたら水分補給する!

「気・血・水」が巡っているのをイメージし、暑さをなるべくポジティブ変換させています。

やや強引に(^-^;

 

実は、真夏は1年で1番冷えが溜まる季節なのだそうです。

たしかに最近、お客様の施術をしていてお腹が冷えている方が多いな~と感じていました。

漢方では「冬病夏治」と言って、「冷え症など冬に悪化する病気は夏に予防しましょう」という考え方があります。

冬の寒さで冷え症が悪化している時は、温めてなんとかするだけで精一杯。

暑い夏に「冷やさない身体」にしておくことがとても大事です。

とはいえ、無理に温める必要はないんですよ。

なぜなら、夏は暑いから!

心がけるのは「お腹を冷やさない」ことぐらい。

具体的には、

①冷えを感じたら温かい飲みもの(なるべくノンカフェイン)をとる

②なるべく夏でも湯舟につかる

③お腹が冷たかったらお腹と腰を温める(手でさするだけでもOK)

冷え症の方はまずはこの3つを心がけてみてください(^_-)-☆

 

漢方養生で私が好きなところは「なるべく」と言ってくれるところです。

「無理なく、出来る範囲で、日々養生を心がけて」と言ってくれる優しい考え方がとっても好きです。

冬にそなえて、ゆる~く夏の養生!

私も冷え症なので、ゆるく実践していきます(#^^#)

関連記事

  1. 施術の合間に「足湯」してます

  2. 意外に大切!「足指」開きますか?

  3. コツコツ続けるのが「薬膳」

  4. 冬より春は要注意!【肌の乾燥】

  5. 『肝』を労わる『いちご』

  6. 「多湿」が招く頭痛もある

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。