「多湿」が招く頭痛もある

自由が丘のプライベートサロンmjuk(ミューク)の谷村です。

関東も梅雨入り。恵の雨ではありますが、やはり気候の変化は身体に堪えますね(*´з`)

梅雨時期の頭痛は気圧の変化、鬱陶しさによるストレス、そして湿気が多いため起こる頭痛である可能性が高いようです。

多湿による頭痛の場合、頭が重い、熱っぽい、胸が苦しい、食欲不振、吐き気がある、膨満感や倦怠感があるなどの症状も出やすくなります。

食べたものを消化して、栄養やエネルギーを体の隅々まで運ぶ役割の「脾」の機能が多湿によってダウン。

体内のいたるところで停滞が生じてトラブルが起きやすくなります。

多湿による頭痛も、この停滞によって引き起こされます。

体が潤うことと、多湿になることは違います。

体は潤いつつ、不要な水分は溜め込まないのが理想!

この時期は、余分な湿気を排出する性質をもつ青じそ、長ねぎ、しょうが、パクチー、ミョウガなどの香り野菜を食事に取り入れるのがおすすめです。

 

私も昨夜は大根と青じそ+ごまでゆる~く食養生しました(^^)/

ずぼらな私にとって毎日は無理なんですが、せめて週に1度は体を労わった食事をしようと心掛けています。

明日は先週の試験の合否発表だということに気付いた途端、緊張でお腹が痛いような気がしてきました。

ミジンコメンタルです。。。

今緊張してもどうにもならないんですがね(^-^;

「緊張を和らげる食材」を調べてみようと思います♪

関連記事

  1. 冷えには断然お風呂ですね♪

  2. 目のたるみにいい動画!

  3. 豆苗はむくみに◎

  4. 目の疲れには「後頭部」です

  5. 春は酸味で食養生

  6. 施術の合間に「足湯」してます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。