豆苗はむくみに◎

自由が丘のプライベートサロンmjuk(ミューク)の谷村です。

漢方養生を学び始めてから、「この食材は薬膳でどういう効能があるのか?」を検索するのが習慣になっています。

今回は「豆苗」についてシェアしますね!

ちなみに豆苗は昨夜の我が家の晩御飯でした(#^^#)

 

豆苗は薬膳で、「平・甘」に分類します。

五味の「甘」は、脾や胃を助けます。

脾は水分の吸収と排泄を促し、食べ物の消化吸収を助けます。(注:解剖生理学の脾臓とはちょっと機能が違います)

胃は皆さんご存知の通り、消化器官としてとても大切ですよね。

脾のもう一つの役割として、「気」を補う役割があります。

気はいわゆる「活力」。気が不足すると、疲労感や倦怠感を覚えるようになります。

ちょっとむくんでいるな…ちょっと元気が欲しいな…

そんな日は豆苗が良いようです(#^^#)

なんとなく今朝は足がスッキリしているような気がします♪

昨夜の豆苗効果!と、その気になってゆる~く薬膳を楽しんでます(^^♪

 

「豆苗は2度美味しい」と言われていますね。

私も1度食べ、残った根からもう一度育ててます。

豆苗が育っていく経過観察が楽しいんですよね~(#^^#)

可愛い豆苗ちゃん♡

2度目の豆苗も美味しく頂きます!

関連記事

  1. 頑張り屋さんにおすすめです♪

  2. 春は酸味で食養生

  3. コツコツ続けるのが「薬膳」

  4. 施術の合間に「足湯」してます

  5. 『肝』を労わる『いちご』

  6. 目の疲れには「後頭部」です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。