秋は「呼吸」が大切です

自由が丘のプライベートサロンmjuk(ミューク)の谷村です。

9月も中盤に差し掛かりました。

少しずつですが涼しい夜も増えてきて、過ごしやすくなってきましたね(#^.^#)

 

東洋医学では秋は『肺』の季節といわれています。

湿度が下がり、乾燥することで肺の働きが弱まることがあります。

肺が弱って呼吸が浅くなると、

◎風邪をひきやすくなる
◎鼻水、鼻詰まり、せき、痰が出やすくなる
◎気持ちが落ち込み、ふさぎ込むようになる
◎肌、髪が乾燥しやすくなる

などの症状があらわれやすくなります。

この時期はとくに呼吸を意識を向けて、定期的に深呼吸を心がけてお過ごしください(#^^#)

 

呼吸が浅い方へ施術プランは、姿勢改善【関節エステ】×内臓マッサージ【チネイザン】でコースをお作りしています。

猫背、肩こり、首こりでお悩みのほとんどの人は呼吸がとても浅くなっています。

【関節エステ】で骨格が整うと「息がしやすい!」と、驚かれるお客様がいらっしゃいます。

呼吸は無意識の活動なので、意識しないと気づかないですよね。

姿勢が変わると呼吸も変わります♪

呼吸が浅くなっているとお腹もかたくなってしまいます。

東洋医学では肺が弱ると大腸の機能の低下するといわれています。

内臓マッサージ【チネイザン】はお腹をオイルでマッサージし、腸の蠕動運動を促します。

施術後はお腹のハリが取れ、ふかふかのお腹へ。

呼吸が楽になり、腰も軽くなります♪

 

肺が弱ると『悲しみ』『憂える』などのネガティブな感情を感じやすくなるといわれています。

休息を取ることも必要ですが『眠りすぎ』も肺を弱めてしまうそうなので、過眠にも注意してくださいね(^_-)-☆

過眠…私も気を付けます(*´з`)

関連記事

  1. mjuk 5月キャンペーンのお知らせ

  2. 12月定休日のお知らせ

  3. mjuk はじめての関節エステ

  4. mjuk 腰はなぜ痛くなる?

  5. mjuk おいしい麦茶

  6. オーナーセラピストからのごあいさつ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。