「脱力サロン」でありたいです。

自由が丘のプライベートサロンmjuk(ミューク)の谷村です。

「力を抜いてくださ~い」

マッサージを受けている時、よく言われる方もいらっしゃるかと思います。

先日ご来店くださったお客様も肘の力がなかなか抜けなく、「よく言われるんです。自覚はないんですけど。」と申し訳なさそうにおっしゃって下さいました。

力が抜けない方にとって「力を抜いて下さい」と何度も言われるとプレッシャーでますます抜けなくなりますよね。

肘の力が抜けないということは肩に力が入っているということです。
肩の力が抜けないということは首に力が入っているということです。
きっと無意識に緊張状態が続ていらっしゃるのだと思います。

これまでの経験から「力が抜けない人」は「優しすぎる人」だなぁと私は思います。
無意識に気配りができ、人に頼らず自分で何でも出来てしまう。
真面目で頑張り屋さんほど力が抜けない人が多いです。

そんな方に私たちセラピストが出来るのは安心して頂くことだと思っています。

関節の調整は力が抜けた状態でなければ上手くいきません。
筋肉のほぐしも力んでいる状態では、どんなに圧してもほぐれません。
力が入っった筋肉を強い力で圧せば圧すほど、筋肉は硬くなっていきます。

最大の効果を得るためのキーワードは『脱力』です。
mjukでは心置きなく『脱力』して頂きたいと思っております。

肘の力が抜けなかったお客様ですが2回目のご来店ではだら~んと力を抜いて下さいました(#^^#)
信頼してお身体を委ねてくださったことがとても嬉しかったです。

「呼吸がしにくい」と感じるときは身体からのサインです。
無意識に頑張りすぎているのかもしれません。
まずは休息!
それでもお疲れが抜けないときはお身体を診させてください(^_-)-☆

関連記事

  1. 季節の変わり目におすすめです

  2. やってしまった…

  3. 夏に向けた頭皮ケア

  4. 梅雨はむくみやすい?

  5. クリスマス仕様になりました

  6. 感染対策さらに強化です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。