「限界!」の声が届いたようです

自由が丘のプライベートサロンmjuk(ミューク)の谷村です。

今日ふと「ヨッシー最近どうしてるかな…」と頭に浮かびました。

ヨッシーは前の職場の同僚で、今はmjukにお客さまで通ってくださっている友人です。

描くことをお仕事にしているので、肘への負担がすごく、腱鞘炎やテニス肘に悩まされるヨッシー。

関節エステを導入当初、肩こりが辛くて…とご来店。

肩と肘関節の調整を施したところ「痛みが一瞬で無くなった!!!こんなの初めて!!!」と感動して頂けました。

それ以来、定期的にご来店くださっています。

 

帰宅途中に「腕が上がらなくなったので限界です」とヨッシーからご予約メッセージが!!!

ヨッシーのことが頭に浮かんだのでビックリしました( ゚Д゚)

時々あるんですよね。

こういう事が。

「あの方どうしてるかな」と浮かぶとご連絡があるという事が。

以心伝心!?と驚くと同時になんとなく納得しちゃいます。

なぜなら、

「大切なお客様のお身体を、誰よりもわかっているのは私です!」

と、勝手に自負しているからです(^^♪

お客様の「限界!」の声は私に届いているようですよ♡

関連記事

  1. mjuk 自宅で”社会見学”しています

  2. 「身体をみる」意識が変わりました

  3. 秋の散歩

  4. 「ため息」について考える

  5. 夫を労わってみました

  6. mjuk 自由が丘で北海道を楽しむ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。