自分へのご褒美

自由が丘駅徒歩5分のプライベートサロンmjuk(ミューク)の谷村です。

先延ばしにしていた確定申告を済ませてきました。

期間が延長されてもギリギリ申告。。。

毎年思うのですが「次こそは早めに終わらせるぞ」と。。。

とにかく終わってスッキリしました(#^^#)

ちょっとだけ頑張った自分へのご褒美は、本です。

毎年確定申告の提出後は本屋さんへ行きたくなります。

解放感から娯楽欲を満たしたくなるようです。

アマゾンもいいのですが、本屋さんをうろうろするのが好きです。

新しい出会いにワクワクします(^^♪

 

今回思わず手にしたのがハライチ岩井の「僕の人生には事件が起きない」。

「私の人生にも事件は起きない」ので、前から気になっていた一冊。

タレント本はめったに手を出さないジャンルですが、最初の1ページで「くすっ」と笑えてしまったので購入決定。

 

この本のプロローグを読み、高2の弁論大会、担任に頼まれクラスの代表を引き受けたことを思い出しました。

 

このクラス、朝から全員そろったことが1年間で1度しかない、ちょっと困ったクラスでした。

気のいい子達なんですが、ちょっとやんちゃが多めのクラス。

そんなクラスで私は、

朝から夕方まで授業を受け(←当たり前)、

学級委員をし(←誰もやりたがらないから)、

先生方にとって扱いやす生徒だったと思います。

やんちゃな子がおしゃべりしてても注意されませんが、私の一声は「野田~!しゃべるな~!」と注意されること度々。

(野田は旧姓です)

「先生も人間だもんね。やんちゃな子に注意するのは怖いもんね。私だと安心なんだね。」

と、当時の私は悟ったようなことを考え、不満を飲み込んでいました。

 

弁論大会の代表を決める学級会。

立候補する子は誰もなく、決まらないまま終了。

その日の放課後、私は担任に呼び出され「野田~、弁論大会出てくれないか」と。

「私には弁論したい事なんてないので」と断ると、

担任「そうだよな~。。。でも野田、考えてみろ。あのクラスだぞ。。。他に誰がいる?」

私「…そうだよね。。。先生。確かにね。。。。」

担任「頼むよ~野田。。。ほかに頼めるヤツいないんだよ~」

私「そうだよね。。。分かりました。私が出ます。」

困っている先生の気持ちが十分にわかってしまうので、お人好しな私は引き受けることを決意。

担任「お~助かるよ!」

私「ただ、先生。今の私が出ると『弁論大会なくなればいい』という題になりますが、いいですか?

担任「。。。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ。わかった。それでもいい!

 

弁論大会当日『私は、弁論大会なんて、なくなればいいと思います!』と、

「やる気のないクラスで代表を決める煩わしさ」を熱弁していました。

 

やんちゃだけど、気のいいクラスのみんなは、私の弁論に大ウケヾ(≧▽≦)ノ

「人生の事件」というには至らない、ささやかな思い出です。

 

私の人生には事件が起きません。

でも、好きな仕事をして、好きな本を読んで、好きな音楽を聴いて、好きなテレビをみて、幸せです(#^^#)

関連記事

  1. お肌のお手入れしてみました

  2. 夫を労わってみました

  3. 縁深さを感じました!

  4. mjuk おかげさまでもうすぐ1周年

  5. ヘッドマッサージ最高!

  6. 休日のランチは”杏仁坊”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。