「古道具屋皆塵堂シリーズ」でキャスティングしてみました

自由が丘のプライベートサロンmjuk(ミューク)の谷村です。

先日、甥っ子が誕生しました♡

沢山のお祝いのメッセージありがとうございます(#^.^#)

甥っ子君にはしばらく対面できませんが、義妹が送ってくれる写真を楽しんでます。

本日も谷村は元気です(^_-)-☆

 

営業自粛中の楽しみ「もしも映像化するなら誰をキャスティングするか」

妄想プロデューサー谷村です(^^)/

今夢中に妄想しているのは輪渡颯介の「古道具屋 皆塵堂シリーズ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実家の道具屋を継ぐため、太一郎は曰くつきの品が集まる「皆塵堂」で修業することになった。だが幽霊なんて信じないとうそぶく太一郎の周りで、痩せ刀や美しい蒔絵櫛などにまつわる不思議な出来事が次々と巻き起こる。店主の伊平次や幼なじみの巳之助に助けられ、太一郎は思い出せない自らの過去を追うが―。商売道具は“憑き物”だらけ。幽霊なんか、大っきらいなのに!切なくて、ほんのりおかしい人情怪談騒動記。

幽霊が見えることを隠している 太一郎⇒ □北村匠海 ■神木隆之介 濱田龍臣

釣りばかりしている飄々とした店主 伊平次⇒ □森山未来 ■柳楽優弥 高良健吾

生意気だがしっかり者の奉公人の小僧 峰吉⇒ 加藤憲史郎 寺田心

太一郎の幼なじみの棒手振り魚屋 巳之助⇒ 間宮祥太朗 野村周平

皆塵堂の地主のご隠居 清左衛門⇒ 國村隼 西岡徳馬

 

大好きな時代物のシリーズの1つで、新刊が出るたびに読み返している作品です。

読後は毎回ほっこり温かい気持ちになります(#^.^#)

シリーズにはまだまだ登場人物がおりまして、

2作目、とにかく不運な男、庄三郎には柄本時生

3作目、有能な手代だったのに濡れ衣を着せられ追い出された益次郎には中村蒼

伊平次が森山君であれば、太一郎は北村君

伊平次が柳楽君であれば、太一郎は神木君

この組み合わせは私的に外せないですね。

NGにそなえ2~3人候補にあげ、かなりリアルに妄想して楽しんでいます。

まずは1クール、NHK BS時代劇で上記のキャストで映像化、どうでしょう(^^)/

関連記事

  1. 弟ファミリーにほっこりの日々です

  2. mjuk 自宅で”社会見学”しています

  3. ミルキ~はママの味♡

  4. ネイルサロンに行ってきました

  5. やってしまいました・・・

  6. ”シャイな叔父”にほっこりしました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。